中学受験で重要な国語の勉強の仕方とは?

2016年度の麻布中学の合格体験記などにも書かれていますが、息子が中学受験を受ける為に一番苦労した教科は国語で、自国語だから話せるし単語も理解できるので大した勉強しなくてもある程度は出来るからで、だからこそ差を付ける事が難しい教科でもあるんです。

塾では成績アップが見込めないので家庭教師を依頼すると、国語は読解力が必要になるのでまずは名作と呼ばれる本を時間がある時に読んで下さいと勧められ、言われた通りにすると見る見る成績が上がってきました。本を読んだだけでアップするとは思わずに驚きましたが、今まで本を読まなさ過ぎたと反省しました。読んだ作品は作者や作品名を覚えて一石二鳥ですし、語彙が増えるので中学受験の基本なのだと思い知らされました。

勉強法を確立

中学受験は基本的な内容が多く、応用は殆ど出題されないが慣用句・四文字熟語を暗記して意味も理解して欲しいと言われました。国語でも覚える事が意外と多く、受験の大変さがやっと理解出来た気がします。国語の読解力は算数の文章題・理科・社会でも重要な鍵になるので力を入れたいと思っても、勉強法と言われると難しいものです。勉強法を確立させると今後の高校・大学受験にも役立つと思うので、取り組んで良かったと感じます。読解力がアップして算数などの成績も上がったので中学受験をして自信がついたようです。