国語が得意な娘が中学受験に

私は、娘をどうしても中学受験させたく勉強を教えていましたが、どうしても成績が伸びる気配がありませんでした。唯一の得意教科と言えば、国語であり毎日本を読んでいるほどの本好きであり、国語だけの成績は抜群に良かったです。しかし、それだけ伸ばしても中学受験は合格するほど甘くなかったために、塾に行かせることとなりました。

個別指導塾だったのですが、国語を中心に勉強をしていたために娘は他の教科の勉強に集中せずに、講師も手を焼いていたそうです。しかし、努力をすれば成績が伸びる子だと信じていたために、講師共々勉強を教えていました。その甲斐もあってか、国語以外の成績も十分に上がってきており、初めて成績表を見たのですが非常に良い結果をたたき出していたために、中学受験も問題ありませんでした。

結果は合格しており、点数を確認しに行ったのですが国語の成績は中でも最も悪く、他の教科でカバーしている様でした。あんなに得意であった教科でしたが、どうやら他の勉強に集中しすぎて勉強を疎かにしていたようです。

結果としては、合格して良かったと思いますが、ぎりぎりの合格であったために娘にも言い聞かせ、どんな状況でも手を抜いてはいけない事を教えました。